Heddon MARK4


Made in Japanのベイトリール、ヘドンのマーク4です。

あんまり詳しくは知らんのだけど、このリールはヘドンのHeritage(ヘリテージ)シリーズの後継機種だそうな。ワシはヘリテージは使ったことがないんだけど、どちらもクラッチの位置が特徴的で、レベルワインダーの脇にクラッチが配置されている。
ABUリールに対する対抗心が見え隠れしているように感じるのはワシだけだろうか。

ちなみにこのクラッチ位置を現代リールで再現したのが道楽のマツモトーイSCSだね。

このエンブレム!今にもトランスフォームしそうでしょ?

あともうひとつの際立った特徴。
ブレーキシステムは遠心力ブレーキなんだけど、ここにも打倒ABUを感じさせる工夫が凝らされている。

なんとブレーキブロックではなく、遠心力で外側に開くブレーキウイング(勝手に命名)が装着されているのだ。

なんとも斬新で、手がかかって、その割に効果の薄い(失礼!)ブレーキシステムなんだろう。でもカッコイイからOK。

軸受けのベアリングは妙に小さくていちいち取り寄せないと売ってないし、ブレーキウイングは取り外せないからブレーキ調整はできないし、一度バラすと組み上げるのが面倒な作りだし…とかブツブツ言いながらも2台目を購入しているワシなのであった…。
  


− 戻るべ −