12.05.19
印旛水系で新兵器投入


皆様、おはこんばんちは!
前回はズーナマラッシュしてしまったので、今回はズーナマが棲息していないであろう水域にやってまいりました。

最近ここでは、仲間がイイ思いをしたそうなので、あやかりFishを目論む器の小さいWildMark…。

まぁ、昼からのユルい釣りですが。

そして今回は新兵器を作ってきました。
デデン!!何の変哲もないダブルスイッシャー!!

そう、流しているときやダレているとき等、ワシの中では出番の多いダブルスイッシャー。
事故を起こすのはこ〜ゆ〜ルアーでしょ!

それと、コレ(笑)

ライブリーを作ろうとしてたら、でっかいクランクベイトになっても〜た(笑)
本場アメリカ風に言うとウェイクベイト!?
実測30g…。レッドヘッドは油性ペン…。
でも、アクションは最高なんだよ!

ウキウキしながらエントリーし、風下に釣り下ること暫し、緊急事態発生!
※以下、茶番。

『あ!しまった!パドルが流された!』

『もう駄目だ…。このまま印旛沼の藻屑となるのか…ぐぶぅ。』

『こ…これは!非常食!?』

『いやいや、ただの非常食じゃない!』
『ホイッスル機能付きの、フエラムネだ!!』

『ピーッ!!』
『助けてーっ!!』

この後、無事に保護されたとさ。

フエラムネはおいしいので、食べてしまうとホイッスル機能が失われてしまいます。
WildMarkでは食べられないホイッスルの携帯を推奨します。

※茶番ここまで。

茶番より約二時間後、ワシとヒデトのワンバイトずつのみで迎えた夕マヅメ。

やや沖目で小魚(カダヤシかモツゴかなぁ)が逃げ惑っているのを見逃さずに撃ったワシに一発。

今年初バス!壱抜け!

ルアーはまだ名前のないこの子♪

そして、弐抜けはヒデト!
印旛とスパターバズって相性いいのかなぁ。

追い込まれるイチケ。
タイムリミット一杯で、哀愁が漂っております。

怒涛のバイトラッシュもなかなかのりません…。
(みんなワシらが釣ったぐらいのサイズっぽい。)

このまま終了かと思われたが、今年のイチケは一味違う!

最後の参抜け!ジッタースティック!

なんと、全員キャッチ達成♪

印旛水系でもこんなに反応がある日があるんだなぁ。


さぁて、次は海かぁ〜!?


− 戻るべ −