12.06.10
印旛水系河川でプラッガー


前回の敗戦をバネに大ジャンプを目論むWildMark一向。
…と言っても今回はイチケが不在。

またしてもまったりと午後からの釣り。
しかもかなり近場の印旛水系河川。

まぁ、どうしても今日はカヤックで使いたかったリールを持ってきたのさ。

ウシシ♪スミスのプラッガーだじぇ。

さすが高価なだけあって、かなりの作り込み。
バラすのが面倒臭そうだ…。

投げ心地もイスズ製(だよね?)には珍しく『ウィーン!!』って感じ。『ノーム…』って感じじゃなくて。
え?意味分かんない?分かって!!

ヒデトは前回から使用しているパドルを持ってコノ顔。

顔面崩壊には程遠い中途半端なツラだ。

うん。曲がってますな。
ベントシャフトってすんげ〜漕ぎやすいのな。
ワシも欲しくなった。

天気も怪しくて良かったんだけど、いかんせん風が強くって…。

ん?
何が言いたいのかっていうと、魚釣りは道具じゃねぇ!ってことですね。うむ。

あぁ、釣れなかったさ!
ワンバイトずつで終了さ!

コレがワシらの生きる道。
楽せず楽しめ!!


…うぅ。


− 戻るべ −