13.05.25
南房総港湾部縦漕


今年はいつにも増して釣りに行っていないWildMark。

行こう行こうと言いつつ、春のアオリイカシーズンも折り返してしまった。

このままではマズい!
ということで、久々のAM3:30出発!!

目指すは南房総!

天気予報に因れば風もそんなに吹かない感じ。
久しぶりの釣りだし、テンション上がってきたぞ。

ワキワキしながら、出艇だぜ〜。

朝方はエギを投げ倒すも反応無し。
さて、どうすっぺか。

と、遥か沖の彼方に鳥山発見。
それもかなりの規模。
ダメ元で近くまでエンヤコラすると、魚探にも反応がビッチリ出だした!

ヒデトがジギングサビキで調査すると、反応はカタクチイワシであることが判明。

やつらの群れの周りをヒデトはタイラバ(+サビキ)、ワシはジグで探ると…

まずはワシに何かがヒット!
んが、ラインブレイク…魚、ごめん。もうエギを投げる時も細いリーダーは使わんよ。

直後にヒデトが何かをかける!

上がってきたのはヒラメ!しかもサビキ食ってるし!!

その後は暫く沈黙。鳥は山のように居るのに…。
う〜む。どうやら鳥は居るけど、下からの突き上げは極わずかみたいだな。
あんまり気にしないで流すことにした。

暫くして、何の反応もないところでヒデトが何かをかける。
ヒデトは引かない、引かないを連発しているが、上がってきたのはサバダバ。

…迷子か?

謎に釣れた魚は性質が悪い。
方向性を見失ったワシらは、ただひたすらに流されていく…。

湾を縦に流され切る頃に、やっとワシに何かがかかった。

ちーん。チダイでした。(標準和名はチダイなのね。ハナダイかと思ってた。)

ダメだこりゃ。もうワケ分からん。
どうせなら、ワケ分からんついでにティップランの練習でもしようかと、エギを落としてみることに。

あれ?

何かきたし(笑)

…これはマルイカでいいのかな?

すげー、ホントに釣れるんだな。

ってな感じでダラダラ流れ過ぎたのがイカンかったのか、勢いでアオリイカのメジャーポイントまで行ってしまおう!ってことに。
(結果的にはこの判断が功を奏したのだが。)

水深4m位の浅場へ入り、第一投。

ワシ、のったし!!

アオリだ〜♪

パツレン!キロアップ♪

釣れ出すとこんなにもイージーなのか…。

もちろん、ヒデトも!

パツレン!

入れ食いモードかと思われたが、その後はパッタリ。
得てしてこんなもんなんだよなぁ。

まぁ、仕方なく帰りは頑張って漕いだっす。
いつもそんなに頑張らないからなぁ。


この調子でバスも釣りたいぜよ!!!


− 戻るべ −