13.08.04
ツバメの恩を仇で返し


この日は、南房総にある河川の新規エリアを開拓しに行って来た。

この河川の流域は堰により幾つにも区切られており、これまでにも三箇所程の流域で釣りをしてきた。
今回は、海へと繋がる最後の堰下を攻めることに。

エントリーポイントはこんな感じ。実はここが一番釣れそう。

ワシはこの流域ではボートで釣りしている人を見たことがない。
河口までもかなりの距離がある。パラダイスの予感。

そして実際に釣り下ると、ものすんごいネイチャー(この使い方合ってんのか?)が待ち受けていた。

まず、野鳥の数がハンパない。
ジュラシックナンチャラかと思うほどに、恐竜の子孫たちが優雅に飛んでいる(トリフン怖い)。

んでもって、太古の遺跡(大げさ)かと思われるカバーの数々。

でも釣れない(笑)

そんな、ものすんごいネイチャーに揉まれたワシらの前に、あの生物が現れた。

ツバメだ。

しかも、泳いでいる。
どうやら、ものすんごいネイチャーに揉まれて独自の進化を…

ん?

違った!溺れてるんじゃん!!

すぐにネットで救出したったりましたよ。

救出直後の写真。

ツバメ曰く、
『ちょっと羽乾くまで間借りさせて〜な〜。』

急遽、ツバメ用シートを設置。

2時間後位かな?何とか無事に飛んで行きましたとさ。

チラチラとこっちを振り返るツバメに癒された半日だったわ〜。

ってあれ?サンダルの中に…

フンして行きやがった(怒)

ツバメの恩返しならぬ、ツバメの恩を仇で返しくらいました…。

しかも結局、魚は釣れなかったぞな。


まぁ、これから短い夏休みがやってくるし★
皆の衆!準備はいいか〜!!


− 戻るべ −